発達障害をもつ子供に対するABAという児童発達支援方法

私は現在発達障害を持つ子供が通う支援施設に勤めています。近年注目を集めているものとして、ABAと呼ばれる児童発達支援方法があります。

これは子供の行動に着目することによって、相手の心を理解するといった分析という考え方と言えばわかりやすいでしょう。行動に着目することによって、複数の人達で様子を共有できることがメリットです。

子供には家族だけではなく、学校や教育機関など様々な人たちが関わることになりますが、その時に成長してきたという表現だけでは、十分な情報の共有ができているとは言えません。

具体例を挙げると授業で毎回3回以上手をあげることができたなどというように、具体的な行動で表すことで、成長の中身を共有することができるようになるのです。行動に着目する分析のことを、子供の支援に行かす考え方がABA、つまり応用行動分析と呼ばれるものです。

子どもの行動だけではなく、それに至ったきっかけと結果に着目するということです。子供が行動を起こして、その結果として自分に良い事が生じた場合には、その行動をまたすると考えられているのです。

何かしらの行動を維持するためにはいいことが起こることが必要だという考えであることがわかります。いいことと一言で言っても、人により様々であるためどうでどのようなことが行動の維持に影響しているのかを見極めながら、療育をしていかなければなりません。まだまだ取り入れたばかりなので難しいですが、上手に子供の良いところを伸ばせるようにしていきたいです。

三郷市の療育

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。